低体温症について

低体温症について勉強をしておきましょう

『低体温』という言葉をご存知でしょうか?どこかで聞いたことがあっても、日常生活で使用する機会がないため、よく知らない方もいらっしゃると思います。ですが、低体温についてしっかりと知識を持っていることをお勧めします。低体温が自分自身のカラダに大きな影響を与える可能性が高いためです。一般的に、人体は36.5〜37℃が平均的な体温と言われています。平熱と呼ばれるのもそのためで、健康を保つのに最も適した温度だと考えられているようです。

 

ところが最近では、低体温の方が増えているのだとか。平熱以下、つまり36.5℃を下回る状態が低体温にあたります。より詳細に説明すると、身体内部の核心温度が35℃未満の方が低体温と呼ばれるそうです。これだけ体温が下がってしまうと、体に支障が出てきます。当然ながら、この状態が続いていくと生命にかかわるような事態に陥る危険性が生じてくるのです。もしかしたら、「自分には関係ない」と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、現代人は誰しもが低体温になってしまう可能性があるのです。近年の私たちの生活は冷暖房器具に守られ、自分自身で体温を調節する必要性が小さくなっています。夏場に汗だくになったり、冬場に寒さをこらえる経験が少なくなっていることからも分かるでしょう。また日常的な運動不足が重なることで、熱エネルギーを作る働きが衰えていきます。こうした状態が当たり前になると、体温が段々と下がってくるのだと考えられているのです。

 

ちなみに低体温症は、『一次性偶発低体温症』と『二次性低体温症』に分類されるのだとか。一次性低偶発体温症は、低温の環境にいることで体温が下がる症状のこと。二次性低体温症は、疾患や生活習慣の乱れが原因となり、常に体温が35℃台に落ち込んでいる症状のことです。低体温は、免疫力が著しく低下している状態と考えて差し支えありません。基礎代謝が下がり、外敵への抵抗力の乏しい体質になっているため、病気にかかりやすくなっているのです。しかし、低体温症は自覚症状がない方が多くいらっしゃいます。高熱とは違い、病気だと実感しにくいからです。気がつく前にどんどん症状が進展してしまうことが多々ある低体温症。定期的に体温を測り、自分の身体の状態を理解しておくことが欠かせないでしょう。


楽天オススメ商品


アドセンス広告